ブログ

SHIRTS!! SHIRTS!! SHIRTS!!

来週土曜日は【東山焼き】のワークショップ開催

こんばんわ。
仙台の晴れ間、28日間ご無沙汰だそうです。
どうりでずっと暗いわけです。

そろそろお天道さまに会いたい浅野がお送り致します(超絶雨男)

*************************************

先日ご紹介した
[nuterm]

アウターやボトムなどの布帛。
メイン級アイテムも素晴らしく良いのですが

ICONSの看板。

やはり
“シャツ”

オトコのファッションには欠かせないピース。

CLEAN&MODERNなスタイリングの生命線であり
長く愛用頂けるアイテムの代名詞。

やはり[nuterm]のシャツ
別格に良いのです。

定番

だからこそ。

当たり前なアイテムのレベルをちょっとだけ上げる。

そういう喜びを
皆様に知って頂ける。

そんなシャツ。

*[nuterm]RELAXIN SHIRTS / リラキシンシャツ

まさに。
大人のためのスタンダードウエア。

リラキシンシャツと名付けられた通り
通常のレギュラーシャツよりも
少しだけ余裕をもたせたシルエット。

細番手のブロードを使用した綺麗なシャツだからこそ
さらっと
普段着に落とし込む。

綺麗なんだけど
無理していない、自然体のカッコよさ。

ワイドピッチなストライプも
ICONSではお馴染みですが
毎回入荷のたびに動きの早い柄です。

ご注目下さい。

IMG_9530

*[nuterm]LINE SLEEVE SHIRTS / ラインスリーブシャツ

IMG_9531

一見すると
こちらもシンプルな佇まい。

洗いざらしでも気持ちよく着れそうな
タイプライター素材が
軽さと気軽さを演出。

袖の裏側にのみ
ニットのラインテープを配しています。

バックスタイルにアクセントをもたせた
さりげないアイテム。

“ちょっとした遊び心”を付け加える(add)センス

こちらもややゆったりしたシルエット。
大人がサラリと着るのに最適なバランスです。

細身なボトムも
太めなボトムも

あなた好みのボトムに合わせて
自然なコーディネートが完成します。

では
各色
詳しく見てみましょう。

“WHITE”

個人的に
気になる此方のカラー。

“当たり前”な白シャツ。

さりげない変化
さりげないディテールが加わるだけで
日常の景色すら違って見えてきそう。
そんな気持ちが湧いてきませんか?

シンプルで清潔感のある
白シャツ+デザイン

過剰ではなく
最適なディテール。

NAVY×Orangeの配色も絶妙です。

ベーシックカラーが好きな方には
程よいアクセントになってくれます!!

“NAVY”

ここ数年、ICONSでは絶大な支持を得ている
ネイビーシャツ。

クリーンだけど
サイズ感も含めて
ほどよいヌケ感を感じるのは
やはりタイプライター使いがポイントでしょうか。

みんな大好物な
NAVY×BLUE

そうです。
「いいオトコは青い」

この配色を軸にしておけば
後々選ぶアイテムが
どんな素材、色目であっても
ワードローブに有るアイテムでの着こなしの幅がぐっと広がります。

前を開けて羽織る感じ。
今の時期のかるめなアウターとしても
オススメです。

“NAVY STRIPE”

最後にご紹介します
ネイビーストライプ。

清涼感と大人っぽさを
うまくバランスとってくれる
色目の絶妙さ。

やや暗めなネイビーベース。

袖のラインのYELLOWが
程よいアクセントになってくれています。

三色とも絶妙。
配色もトータルのバランスもGOODなんです。

*[nuterm] MILITARY POCKET SHIRTS

軽いアウターをお探しな方にオススメ。
秋の入門編にぴったりではないでしょうか?

大きめなフラップポケットが特徴的な
ミリタリーシャツ。

ファーティグシャツベースですが
そこは[nuterm]

コットン100%とは思えないシルキーな肌触りの素材感。
シャツのディテールはミリタリーベースですが
素材、シルエットの美しさは180度違う。

ICONSのコンセプト
“CLEAN&MODERN”を体現してくれる
ミリタリーシャツです。

男くさい着こなしもさりげなく。

クリーンな着こなしにも
ほどよいアクセントになってくれます。

ミリタリー好きよりも
普段敬遠している方にこそ
着てみて頂きたいシャツ。

タイプライター素材を-ベースにした
軽い着心地
ラフに扱ってもOKですので
まさに大人の普段着。

シャツ好きな
みなさま
本当にお待たせしました。

そろそろシャツの季節、開幕です!!

アサノ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る