ブログ

カラフルへの挑戦。楽しさの象徴

なんだか突然陽気が戻ってきて
拍子抜けしちゃいました。

アウターの準備を初めた浅野です。

三連休限定のフェアー開催中です。
詳しくは下記リンクより御確認下さい♡

三連休限定フェアー

*******************************

そんなこんなで
紹介したいアイテムは盛りだくさん。

本日のキーワードは

『COLOR』

秋冬になると
どうしても定番色を選んでしまいがち。


グレー
ネイビー
カーキ

さぁ
自宅にいるあなたは
ぜひクローゼットを開けて
中のアウターを見てみてください。

多いですよね?
上記の4色。

否。
其れは悪いことではありません。

毎シーズン
着回しの確約のされたコート、アウターを手札に持っておくことは
とても大切なことと思います。

ですが過剰にベーシックな色ばかり選んでいると
心のワクワクであったり
ドキドキであったり、すこし失われていませんか?

ここの太字の文言に
思い当たったあなたにお送りします。
カラフルコレクション。

まずは
ここ数シーズン
ICONSにおいて“キーカラー”となっている
こちらの色目。

『オレンジ』

ICONSのメインカラーである“ネイビー”の差し色として
抜群の効果を発揮するオレンジ色。

差し色として
効果的ならばいっそのこと
メインカラーに据えてしまおう。というのが
このアイテムの醍醐味。

□[nuterm]MILITARY OFFICER COAT / ミリタリーオフィサーコート

このコート。
純粋に今期のNo.1とも言えます。

着丈の長さや生地の分量感だけで言えば
読者の皆様の大半が想像したであろう

“重さ”

着用時に不快感を覚えることは皆無。

むしろ印象は軽いんです。

“ミリタリー”の伝統、であったり規律を重んじる雰囲気であったり
オフィサーコートらしいかちっとしいた背筋が伸びる感覚。

その“ミリタリー”の無骨さを
一切感じさせない“オレンジ”との出会い。

まさに[nuterm]らしさが詰まっています。

背中の雰囲気が
本当に秀逸。

動きが出るようにたっぷり取った身幅。
さらに運動量を確保する
真ん中のプリーツ。

ウエストのベルトで
脚長効果も発揮。

“オシャレ”って
こういう完成度の高い
けれど万人が着こなせるわけではないアイテムとの出会いを
自分だけのものに出来るところ。

正直言って
適当なデニムでラフに羽織るだけでも様になるコート。

オールブラックのコーディネートに合わせてみたり

ボトムに“KHAKI” “OLIVE”なんてチョイスも
センスあって良いと思います。

5年後
10年後も着ていたい。

ならば
合わせやすさよりも
如何にそのアイテムを理解し飼いならせるか。

僕の洗濯はそっち。

Blogを読みながら
何言ってんだこいつ。って
思った方は
ぜひ店頭でアサノを指名して、このコート
羽織ってみて下さい。

羽織った瞬間イメージとは違う世界見えてきますよ♪
コーディネート例、試して貰えれば
このコートのポテンシャルの一部だけで

心に羽根が生えてくるはず。

あなたの限界を突破してみせます、ファッションで。
ワクワクとドキドキの先の
洋服の楽しみ方。

お次も
カラフルに。

シリーズとしては
同じ素材を使用していますが
もう少し
一般的にも取り入れやすく。なコート。

□[nuterm]MILITARY OFFICER JACKET / ミリタリーオフィサージャケット

昨年もリリースされていた
“マックコート”
一昨年の
“スタンドカラーコート”の系譜を継ぐ

スタンドカラーが特徴の
“オフィサージャケット”

ミニマルな比翼の仕立て
高めのスタンドカラーは風の侵入を防いでくれるので
東北にはありがたい仕様。

さてさてそんなスタンドカラーを
今期はより短めの丈にアレンジ&アップデート。

特徴的なのは
このスタンドカラー。

前、全締めで着ても
抜群にかっこいい。

フラップのポケット以外は
極力シンプルな仕様。

中綿には
Thinsulateを採用し
保温性能も飛躍的にアップ。

ビジュアルだけじゃなくて
冬の防寒面でも頼りになる相棒です。

このアウター。
丈を短めに設定している最大の理由。

ここしばらくトレンドになっており
今シーズンもICONSで力を入れている
“ワイドパンツ”
ご想像の通りかなり相性の良い仕上がりです。

今季買ったワイドパンツに合わせるも良し。
意外に細身のパンツとの着こなしの雰囲気も
オフィサーっぽかったりシます。

やはり自由度の高いコート。

オレンジに合うボトム。

BLACK KHAKI NAVY GRAY…

枚挙にいとまがないですが
真っ赤なパンツと
真っ黄色のパンツ以外はオールオッケー。が僕の見解。

“色”に対する先入観さえなければ
本当に万能であり
ワクワク出来るアイテムです。

こちらも
細部までアドバイス致しますので
気になってない方も、ぜひ一度お試しください。

お次は
色目、雰囲気は違いますが
秀逸な色目にご注目。

□[KIIT] W FACE MELTON OVERSIZED BAL COLLAR COAT / ダブルフェイスメルトンオーバーサイズバルカラーコート

[KIIT]の今期を象徴するようなコート。

昨年も人気だったラップコートを彷彿とさせる
オーバーサイズながら軽量で柔らかな質感。

トレンド寄りすぎない
バルカラーコートのシックな大人っぽさも
ICONSの着こなしにぐっと嵌りそうな予感がぷんぷんです。

さてさて
特筆すべきはこのカラー。

“WINE × CHACOAL”

ワインレッド
バーガンディーなど
渋めなレッド系カラーは
今期久しぶりに見かけるメンズのトレンドカラー。

なのですが
色目が渋すぎると

“青”
“ネイビー”
など寒色系を主として着たICONSのラインナップとは
水と油の相性にも見えてしまいます。

….が。
チャコールをミックスした
ダブルフェイスメルトン素材が
絶妙に中和してくれる“良”カラー

少しだけアダルトで色気を感じる色目になっています。

トップボタンの開け閉め一つで
大きく顔が変わるのも特徴。

寒さが厳しくなると
離せなくなるコート。

一着で二面性のあるコートは
着こなしの幅もぐっと広がります。

個人的には
前をあけて
ばさっとルーズに着ちゃうのもオススメ。

LOOKのように
合わせるアイテムの個性次第で

ちょっと『遊んだ』着こなしにも変化してくれます。

さぁ
この冬
改めまして

『色』を取り入れて
遊んで見入るのは如何でしょうか。

自分の中に“軸”となるものや
土台となるワードローブをお持ちの方は
一番トライし易いのが色。

食わず嫌いはいけずですよ。

フェアーも開催中ですので
ぜひ明日も御来店お待ちしております

アサノ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る