ブログ

タフで男らしさのコーディネート。

こんにちわ!

本日4/17は徳川家康の命日なんですね!

本日は、なすび記念日という記念日があるようです。
なんでも徳川家康の好物だった茄子を命日に因んだ記念日だそうで。

なんともパッとしないようなそんな記念日ですね(笑)

ちなみに冬春なす主産県協議会で制定されているそうで、日本で定められている?記念日だそうですよ!

茄子は、素揚げして醤油で食べるのが一番好きです。 コウタリです!

**************************************

さて、温度的にもだいぶ春を感じれる温度になりましたね。
流石にもう冬用コートは閉まってもいいかな?なんて思えるくらいになりました。

そんな本日はスタイルでのアイテム紹介!

たまには少しラフに、こんなスタイルは如何でしょう??

TOPS:[salvy]TAPEWRITER HUNTING ANORAK
INNER:[HUMIS] 5-PK MILITARY LONG T-SHIRT
PANTS:[Name.] BAKER TYPE WIDE PANTS
SHOES:[Name.] Name. x PRO Keds ROYAL PLUS LOW “NATURAL”
KNITCAP:[WHITELINE] WL COOLMAX KNIT CAP
SUNGLASSES:[WHITELINE] WLxNEWMAN COLLABORATION SUNGLASSES

少しワイルドに、少しラフに。
ラフとは言いましたが、生地の上品さなどもあり、着崩している感じはしないのがGOOD!

トップスとパンツをネイビーとブラックでダークトーンにしましたが、スニーカーとキャップ、そしてアクセントとなるサングラスで少し自分の色を+
ちらっと見えるベージュの色合いもハマったかな?と思います!

ナチュラルもブルーも何方のカラーも。
サイズ欠け、そして残り各イチというくらいの数になってきました。

僕もナチュラルを購入したのですが、予想以上に使い勝手がイイです!
そして本日、ブルーを購入してくださったお客様もいらっしゃったのですが、ご試着された時に、

一見、足に目が行きがちだけど思ったより合わせやすいかも?

なんて言葉も!

履いてみると違う発見があるのがスニーカーの面白いところですよね!
僕自身もローテクをあまり履かないので新鮮な気持ちでいっぱいです!

お次はコチラ!

[Name.]  史上最もワイドなパンツと言っても良いんじゃないでしょうか。

セルビッチダック素材を使ったベイカーパンツなので、生地の耐久度は折り紙付き。
シーズン関係なく、ワイルドにガッシガシ履いて頂きたいパンツです!

多数取り付けられた機能的なポケット。
更に!
裾に配したファスナーによりシルエットの変化も楽しめるパンツです!

ここから更にボリュームを加えることが出来るので、お好みと気分に合わせてジップで調整しても面白いですよね!

フロント右側に施されたウィンドウポケットが特徴的な一本であり、其処も又非常にいいアクセントを与えてくれます。

綺麗にシャツで合わせても。
今回のアノラックパーカー等で男らしく着ても。
寒くなればロングコートも、N2Bタイプのブルゾン等でも!

合わせ方は無限に広がる使い勝手のいいパンツかと思います!

これからの時期なら、少しゆるめのシンプルなTシャツなどでサラッと着てみたいですね!

最後はコチラ!

[salvy] から登場のアノラックパーカー。
タテ・ヨコ共に80/1コットンを高密度に打ち込んだタイプライタークロスを使用することで、非常に着やすく、そこまで厚手ではないのでジャケットなんかの中にも着て頂けるかと思います!

首元の三つボタンとハーフジップがまたカッコイイですよね!
フロントのお腹部分にあるボタンの感じもまたクール!

ハーフジップは勿論上まで閉めることが可能!
全開に開けてインナーを見せたコーディネートもいいですね!

カラーも BLACK と APRICOT の2色展開ですが、今回はBLACKをチョイスしました!
APRICOTも非常に綺麗な色味で、色味はありますが、比較的合わせやすいカラーだと思いますのでAPRICOTはAPRICOTでオススメですよ!!

*******************************************************

と、いうことで!
本日は久々にラフで男らしさがあるような感じでのスタイルでした!

個人的には非常に気に入っているスタイルなので、ぜひじっくり見て頂ければと思います!!!

そして明日は水曜日なので、定休日を頂いております。
お間違い無いよう、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。

コウタリ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る