ブログ

寒いなら出すしか無い。。。

今週末のイベント
【SHIMANTIQUES】行商は下記リンクより御確認ください。

【SHIMANTIQUES】行商

*ICONS COAT SELECTION !!! 開催中

*******************************************

こんにちわ!

お昼ですら、3.4度と急に寒さが押し寄せる冬日の本日。

何が暖冬じゃい!!!

と、声を高らかに言いたくなる温度。
雨も降ってきたのでバイクで来たことを後悔しつつ、せめて雨だけはやんでほしいと祈る本日です。

予報的には夜には止むみたいですね! コウタリです!

***************************************

さてさて、前振りでも書きましたが本当に寒い。
週末の土日には雪も降るんだとかなんとか??

もうここまできたら良いですよね。
冬を乗り切るためにはもうこのアイテムしかありません!

そう、其れがこちら!

[WHITELINE] WL SHORT DOWN JACKET / ホワイトラインショートダウンジャケット
□ 68,040YEN (63,000YEN)
□ BLUE
□ size 46
□ polyester-100% (詰物 Down-90% Feather-10%)

今期からの新型。
ホワイトラインのダウン!

当店でもスタッフやお客様各位から絶対的な信頼を得ている、オイルドコットンのダウンとはまた違い、この新型もかっこいいんです!!

暖かさは勿論のこと、取り外し可能なフードだったり、ピーチ起毛の表面だったりとオシャレさも抜群!
中身の90%がダウンなので、こんな寒い日でもバッチリな暖かさを提供してくれます!!

そして、個人的に驚いたのはその重さ。
びっくりするくらい軽量で疲れ知らず!

冬のアウターは重くて肩がこる程、なんてのもありますよね。
そんな中でダウンでこの軽さはびっくり!

機能性も高く、スタイリッシュに。
オシャレは我慢なんて言いますが、このアイテムは寒さを我慢せずにオシャレに着て頂けるアイテムの筆頭でしょう!!

更に細かく見ていくと、首元、そしてフードまでぎっしり入ったダウン。
ダブルジップになっているジップ。
銀ボタンの見え方等細かいところまでカッコよく。

そして非常に機能的に作り上げられているダウン!

他でどんだけ暖かい格好をしていても、首元が寒いだけで寒いと感じてしまい体が冷えてしまうもの。
ですが此方は首元までバッチリ防寒!

自転車やバイク乗りにとっては嬉しいですよね!
この上から更にマフラーを巻いてあげればもう完全防備と言ってもいいでしょう!

個人的にはダブルジップなのがポイント!
シングルだと座ったとき等にお腹周りがモコっとするあの微妙な感じがダブルにすることでなくなります。
バイクに乗るときはダブルジップのときは腰回りのみ多少あけて走るのですが、其れだと変に空間ができず暖かいまま出退勤が可能なのです!

カラーリングもいいですよね!
光沢感のないマットなブルー。

合わせやすく着やすいこのブルーをメインに置くのかサブに置くのか。
はたまたブルー系のトーンでワントーンコーデにするのか。

ファッションとしての使いみちもかなり広いアイテムです!

着用時もこの雰囲気で。
何も考えず着てもらってもかっこいいですし、しっかりコーディネートを組んで着てもらっても勿論かっこいい。

今回着たのは私服にただ羽織っただけですが、其れだけでも十二分に雰囲気出ますよね!

急に雪が降ってもピーチスキンが軽く撥水もしてくれるので安心!

多少雑に扱ってもすぐにはへこたれないであろう部分もポイントでしょうか?
僕はバイクにも乗りますし、基本結構ものぐさなので耐久性が高いという部分。
其処がかなり嬉しいポイントです!

意外にもダウンに抵抗あるかたって多いですよね。
だいたいの意見が、

着ぶくれして見えるから。

中には暑すぎるからいらないなんて方もいらっしゃいますが、ダウンを着ない方の大多数はその意見ではないでしょうか?
ちなみに一昔前の僕も同じ意見ですし、なんなら今でも少し苦手で避けがちに・・・

ですが、このホワイトラインは何故そんな方でも着れるのかというとダウンパックが中にはいっているというのが大きいのではないでしょうか?
着ぶくれして見えにくく、カッコいい。

なんなら少しシュッとして見えているくらいの雰囲気。
ですので、そのシルエットの良さからも多くの人から賛同を得ているダウンでもあります。

気になった方はぜひ着てみてください。
着て、鏡を見て、着たまま少し外に出る。

其れだけでこのアイテムの魅力に取り憑かれることでしょう!

コウタリ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る