ブログ

今冬最強のブルゾン!!

毎日書くね。って約束したのに
3日連チャンで良いの書いたと思ったら
店頭にたくさんのご来店いただきなかなかBlogまで手が回らず
ぞくにいう
『三日坊主』の素晴らしいお手本となってしまいました。
失礼いたしました。

というわけで
本日も引き続き名作のご紹介。

nuterm 2019AW 『UNEXPECTED』

受注会開催時にも
再注目のアイテムだったので
LOOKの雰囲気など
記憶に残っている方も多いでしょうか?

ブラウンチェックにショート丈のブルゾン。

何を隠そう、このブルゾン、フライトジャケットが
今シーズンのICONSを代表するショート丈のアイテムとなります。

珍しい配色、チェック柄のパターン。

古いヨーロッパを連想させる
クラシカルな佇まいと
nutermらしいクリーンな印象が
融合した素晴らしい雰囲気。

[nuterm]MK3 FLIGHT JACKET “BROWN TARTAN”

*[nuterm]MK3 FLIGHT JACKET “BROWN TARTAN”

□ [nuterm]MK3 FLIGHT JACKET “BROWN TARTAN”
□ 77,760YEN (72,000YEN)
□ BROWN TARTAN
□ SIZE M
□ cotton-100%(waxed)

RAF(ROYAL AIR FORCE)の
MARKⅢと呼ばれるフライトジャケットをモチーフに制作。

Royal Air Force=イギリス空軍

1960年代から2010年ごろまで採用されてきた
フライトジャケットである”MK3 JACKET”

軍モノ、ミリタリーフリークの間では
知らない人はいないくらいに

『名作』と
呼ばれてきた、レジェンドアイテム。

VINTAGEなどでも
希少なアイテムとして知られる名品です。

大きめな襟
短めに設定された着丈、

nutermらしく、
現代的なシルエットへモダナイズ。

Vintageの再現。ではなく
あくまでもモダン(現代的)なファッションに融合できるよう
細部のバランスを見直し整えることで
nutermらしさを感じるアイテムへと昇華されています。

ブリティッシミラレーン社のワックスコットン。
しかも渋いブラウンチェック。

個人的には見たことのない素材。

英国の老舗

ブリティッシュミラレーン社

現在の機能素材の数々
ゴアテックスとかテック系の素材が出てくるまでは

コットン100%の高密度に織り上げたテキスタイルに
オイルやワックスを染み込ませて
撥水性、防風性を高めて素材を使用していました。

特にイギリスは我々東北地方の気候と同じく
冬は厳しい寒さにさらされます。

そんな過酷な環境に適応するために工夫を施してきた歴史をもつのが
ブリテッシュミラレーン社

創業100年を超える歴史。

その歴史を背景に
今も変わらずクラシカルな生地をつくり続けています。

RAFのMARKⅢモデルの特徴である
大きめな襟。

短めな着丈と
ややゆったり設定された身幅のバランスが秀逸です。

ICONSでは
着丈の長いコートに比べて
いわゆるブルゾンと呼ばれる短めな着丈のもの

非常に限られています。

ICONSのコンセプトである

『クリーン&モダン』

このイメージを守りつつ
皆様のライフスタイルに沿うブルゾン

ようやくであった名作です。

寒い冬は
フラップを止めれば
スタンドカラーの様な仕様に。

雨風の侵入を防ぎ
中のキルティングで暖かさも保護してくれます。

自転車移動
バイク移動の方には嬉しい
冬場も計算できる防寒性能。

元ネタとなるデザインが
ミリタリーのフライトジャケットだけに
その機能性がソースとなるデザインも
しっかり継承されていますよ!!

左右のハンドポケットは
ファスナーで開閉。

更に袖はやや太めながら
袖口のベルクロで自由に絞りを調整できます。

インナーに着るアイテムであったり
季節や気温に合わせて
微調整&アジャスト可能なディテール。

フロントジップ+
ボタンでも開閉出来るので

羽織って軽く~防寒してバシッと全部閉めて

まで幅広いシーンで活躍してくれます。

ぜひご覧ください

浅野

*****************************************

instaglam
からも日々最新の情報を
発信しております。

@ICONS_SENDAI

@asano_yoshiyuk

(ぜひ気軽にフォローしてくださいね)

新作の情報やスタイリングは
此方をぜひフォローください。

@icons_sendai
LINEの友だち追加から『ID検索』または『QRコード』で登録してください。

登録いただくと
お得なメルマガ&クーポンがGETできちゃいます。
登録よろしくお願い致します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る