ブログ

【KURO】 MONSTER STRETCH DENIM DEBBUT!!!

先行して
店頭とオンラインで販売開始させていただいております。

今シーズンより登場する
【KURO】が手掛ける新たなデニムシリーズ。

僕らも正直に行って
衝撃が大きかったデニム。

過去のデニムの常識を覆す。
イノベーションと言っても良いであろう新たな取組の完成形。


その名も
『MONSTER STRETCH DENIM』

デニムの新しい歴史を作るとテーマにスタートした “HELVETICA DENIM”
糸の開発から製品化まで膨大な時間を要し出来たオリジナルファブリックのMONSTER DENIM

従来のストレッチデニムは伸張率130%、伸縮率60%と言われているが、開発した生地は伸張率160%、伸縮率95%。
単純に今までの生地と比べて伸びは倍になるが、元に戻るという驚きの生地になる。

従来のストレッチ生地は元の生地を縮ませて伸びる原理だが、MONSTER DENIMは元の生地が縮むことなく、ゼロから伸びる生地です。
従来のストレッチデニムでは考えられないことを実現しています。

デニムの表情となるオンス自体も調節可能です。
ストレッチ生地特有の目が潰れたような生地ではなく、綿100%のデニム生地のようなビンテージ感のある見た目にすることを意味します。
形ではなく根幹でもある糸を生み出し作ったスキニーデニム。

デニム好きは必見。
デニムの常識を疑う。そんな一本です。

IMG_4627


*[KURO] “HELVETICA” MONSTER STRETCH “INDIGO”

□ [KURO] “HELVETICA” MONSTER STRETCH “INDIGO”
□ (18,000YEN)+TAX
□ INDIGO
□ SIZE 28 / 29 / 30 / 31 / 32
□ Cotton-85% Polyuretane-15%

ICONSの定番デニムとして長く君臨していた
DIAMANTE ディアマンテの系譜を次ぐ細身のデニム。

しかし上記したとおり
一見しただけでは“リアル”なデニム。

なのに衝撃なくらいに
伸びる
ノンストレスなストレッチ。

“美脚”と称される
日本人に適したパターンとシルエット。

ワンウォッシュデニム。
綺麗な藍色。

ICONSとしては普段着だけど
程よく上品さを感じるこの色が大本命。

困ったときに使えるデニム。

トップスは合わせるものなんて悩まずに。。。

あらゆるシーンで。

けれど細部まで拘りのディテール。

ストレッチデニムですが
しっかりとロープ染色を施した本物の藍染織物。

色落ちや、ヒゲ、アタリなど
いわゆる経年変化と呼ばれる
デニムを育てる楽しみを味わうことが出来ます。

さらに
セルヴィッチ。
生地の端と端を使うことで生まれる
通称赤耳。セルヴィッチデニム。

ロールアップ時の
アクセントとしてもほしい嬉しいディテールです。

ヒップにはレザーパッチ。

こういうところも
デニムの変化に合わせて
長く愛用するからこそ
経年変化を楽しめる素材。

紙のフラッシャーも
KUROのデニムへの強い情熱を感じます

革パッチ
細部のステッチワーク。

見えないところにもしっかりと
チェーンステッチを使用。

美しさ。そして強度。

やはりもともとのワークウエアとしての側面も
しっかり併せ持つところに
KUROのモンスターストレッチデニムの魅力があります。

このディテールは
VINTAGE好きにも堪らない箇所。

“TALON”の刻印。

ヴィンテージアイテムでは欠かせない
タロン社製のファスナー。

現在のYKKジップも工業製品として高いレベルを誇りますが
服好きとしては、使い込むほどに馴染む昔ながらのTALONに惹かれてしまいます。

このデニム最大の魅力は
なによりも

穿き心地。であり
ストレッチ性。

言葉では伝わらない
この感覚。

気になった方はぜひ店頭にてお試しください。
半信半疑なあなたの気持ち。

180度変わって
『気持ちよさ』を感じてもらえるはずです。

浅野
*****************************************

instaglam
からも日々最新の情報を
発信しております。

@ICONS_SENDAI

@asano_yoshiyuk

(ぜひ気軽にフォローしてくださいね)

新作の情報やスタイリングは
此方をぜひフォローください。

@icons_sendai
LINEの友だち追加から『ID検索』または『QRコード』で登録してください。

登録いただくと
お得なメルマガ&クーポンがGETできちゃいます。
登録よろしくお願い致します。

こちらもぜひぜひお気軽に
ご利用くださいませ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る