ブログ

とっておきの

とっておき。って言葉が好きです。
なんとなく特別感があって。

最近のとっておきは
大好きなコーヒーのお供。

Bitteのアイボリーショコラ。
なんだかあんまり売っていないんですが
近所のイオンに大量に売っていたので爆買いしてみました。

ちょっとだけ、日本に旅行に来て爆買いする
中国人の気持ちがわかりました。

この組み合わせ、本当に素晴らしいくらい。最高。

まさにとっておきの組み合わせです。

さてさて
洋服にも相性があるので

お気に入りのトップスと
お気に入りのパンツ

組み合わせたときにバッチリだとテンションが上りますね。

そんなとっておきのアイテムをご紹介♪

□ [Name.] SLUB YARN DAMAGED KNIT / スラブヤーンダメージニット

入荷時から
個人的には大絶賛していたアイテム。

なんなら、展示会で見た時。
一目惚れってやつです。

『欲しい!!』と思っていましたが
某スタッフが購入したので、、、、断念。。。

(犯人はコチラの方です)

ボクの中では
特別な1枚のこのニットも
いよいよラスト一点。。。。

となったところで。
やはり
お客さまのもとへ旅立つ前に
自分でも着てみたいな。。と。

(MODEL 身長168㌢ 52㌔ SIZE 1 着用)

今の気分な
ややゆったりしたシルエット。

スラブヤーンのミックスの雰囲気も絶妙に存在感があります。

一番目を引くのは
このダメージ。

ニットを引っ掻いて、破ったかのような“ダメージ”

実際にニットを破いてしまうと
ほつれてくるのは御存知の通り。

あくまでも技術で
じっさいにダメージが入っているかのような雰囲気に
“編み変え”ています。

これ以上ほつれてくることはなく
デザインとして取り入れることができます。

インナーに合わせるアイテムの
質感や素材感、色目。
様々な要素で
このニットの違った魅力が引き出されます。

とっておき。って
ちょっと大袈裟なタイトルを付けるくらいなので
本題はここから。

合わせたボトムもスペシャルなんです。

今季の[BLACK&BLUE]よりリリースされているアイテムの中で

最大のハイライト。

英国の老舗ファブリックメーカー【BRIABANE MOSS】社の

極厚なモールスキンを使用した

□[BLACK&BLUE] Padded double Bleasted Coat

□[BLACK&BLUE] Motor Cycle Jacket

展示会で見たときから大興奮。
老舗って響きにも弱いし
MADE IN UKも大好き。

歴史とか伝統に裏打ちされたものに間違いはないんです。

そんな伝統のモールスキン素材を
[BLACK&BLUE]が誇る、名作である

[TWO TUCK TAPERED TROUSERS]に落とし込み
ICONS別注として
ごく少量ですが制作頂きました。

おなじみの深いツータック。
ゆとりのある渡り。

ここから膝下にかけて
美しいテーパードシルエット。

打ち込みのしっかりした
極厚なモールスキンの
どしっとした質感と
表面の柔らかな起毛による
漆黒の光沢感。

長く愛用できるパンツ。

この言葉がぴったり。しっくりはまる極上の一本です。

ウールパンツ
ツイード
冬のパンツの代名詞に並ぶ

存在感のある一本です。

□ [BLACK&BLUE] Two Tuck Tapered Trousers *ICONS LIMITED “Brisbane Moss MOLESKIN”
30000YEN+TAX SIZE 30

Tops:□ [Name.] SLUB YARN DAMAGED KNIT / スラブヤーンダメージニット

Pants:[BLACK&BLUE] Two Tuck Tapered Trousers *ICONS LIMITED “Brisbane Moss MOLESKIN”

この組み合わせ。
かっこ悪い理由がないんです。

この冬、最高の組み合わせ。

何年もこの組み合わせのままでもいいくらい。
個人的なツボ。

最後の仕上げに
[HUNTISM]のハット。

きれいなブルーは
岡山の[BUAISOU]が手がける藍染のグラデーション。

チェコ産の最高級のウールに芸術的な
インディゴグラデーション。

無難にかっこいい着こなしも良いのですが

たまには

主役 × 主役 × 主役

主演俳優が豪華に共演しているくらいの
そんな“とっておき”だらけのコーディネートはいかがでしょうか?

この着こなしは
あくまでも、ボクのとっておき。

ぜひ店頭で
みなさまひとりひとりの“とっておき”の組み合わせ
みつけましょう。

ではでは。

アサノ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る